Sound & Recording(サンレコ)Magazine 2016年4月号 SCHAFT藤井麻輝インタビュー

スポンサードリンク

Thumb 003 1024

Sound & Recording Magazine 2016年4月号購入

SCHAFTが載ってるということで今月のSound & Recording Magazine(サンレコ)、4月号を購入しました。

サンレコ 藤井麻輝のインタビュー

内容はフジマキのインタビュー中心。サンレコなので、やはりSCHAFTのレコーディングに関する機材のことが中心のインタビュー。聞きなれない専門用語がバンバン出てきて難しい苦笑

上田剛士yukihiroを選んだ理由

やはり私にはこのあたりの内容が興味深いです笑 上田剛士yukihiroを選んだ理由。

麻「今回の再始動にあたって僕はyukihiro君と剛士君をメンバーにしようと決めていました」

麻「yukihiro君は睡蓮で叩いてもらっててべったりレコーディングやったりツアー回ったりしたらおもしろいだろうなあ」

まあyukihiro音楽と人イベントのSCHAFTの時でも叩いてるし、minus(-)でも叩いてるしリリーズとも共通点あるんですよね確か。フジマキと相性がいいのはよくわかる。

麻「剛士君はなんだろう・・・存在がおもしろいので」

剛士を選んだ理由笑 存在が面白いって爆 どういう意味ですかーーー???爆 確かに面白いっていうのはわかるんだよね。アルバムでのベースの音も、ステージでも、本領を発揮してたと思いますが笑 フジマキがどういう意味で面白いと言ったのか気になりますね笑

ULTRAレコーディング時剛士のベース録りのエピソード

麻「剛士君からは「なるべくエディットしないでほしい」というオーダーがありました」

剛士からエディットしないでほしいというオーダーがあったとは初耳です。なんだろう、詳しいことはわからないけど、自分のベースのフレーズを切り貼りされるのはあまり好きじゃないのかな?ULTRA初めて聞いた時すごく剛士らしいベースだなあという印象があったけど、それはこんなオーダーをして、それをフジマキが受け入れたっていうのもあるんだろうか。

麻「シンベのみは1、2曲だと思いますがその曲の場合、「エレキベースの居場所がないからこのままの方がいいのでは?」と言われました。

シンセベースのみは、6曲目「ReVice」と10曲目「Leidenschaft」ですね。ライブでも剛士が舞台袖にはけたり、太鼓(タム)を叩いてたあのシーンが印象的ですが笑

剛士にエレキベースの居場所がないと言わしめてフジマキのシンセベースすごいかもーと思ってしまいました。もし居場所がないと思わなかったらエレキベースが入っていたかもしれませんね。

フジマキの使用機材紹介でhideモデルのギターが

フジマキの使用機材紹介のページもあったんだけど、そこの機材の写真の中にSCHAFTのライブでも使用していたhideモデルのギターがありました。説明文に「彼を入れてSCHAFTをやろうとしたこともあるのでせめてギターだけでも」とあったので泣けた・・・ほんとhideが生きてたらメンバーだったと思うし、実現しなかったのが残念すぎて・・・

そんな感じで機材のこととはほとんど関係ない感想ばかりですが苦笑 きっと機材に詳しい方の方が楽しんで読めるんだろうなあ(^^;)SCHAFTやフジマキ好きな方もきっと興味深い内容かと思いますね。

Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2016年 4月号 [雑誌]
Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2016年 4月号 [雑誌]サウンド&レコーディング・マガジン編集部

リットーミュージック 2016-02-25
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools