SHILFEE AND TULIPCOROBOCKLES with Jake TULIP CHAIR TOUR@西九条ブランニュー本編レポ

スポンサードリンク

※長くなりそうだったので、ライブ前と本編って感じで分けました。↓の続きになります。 参考:SHILFEE AND TULIPCOROBOCKLES with Jake TULIP CHAIR TOUR@西九条ブランニュー開演前とグッズとか

動員はそこそこだったように思う。完売はしてなかったみたいだけど、、、そうこうしてるうちにライブスタート。最初はフルフルが1人で出てきてシルフィーの曲を数曲ほど。普段はきりばやしさんって人と一緒にやってるようだけど、今日は一人で。

シルフィーのライブ初めて見たけど、フルフルはヌーキキよりも、ライブ映像でしか見たことないけどグニュウよりもシンガーって感じがしたなあ。今まではフルフルは歌ってるオブジェか舞台装置かみたいな印象だったんだけど(笑)そういうのに比べるとだいぶ落ち着いたなあと。その分歌を聞かせるってことに徹してるというかそんな風に思いました。後半自分でも言ってたけど高音がものすごく出るようになってるし、歌唱力自体もすごくアップしてたと思う。

以前雑誌のレポで、ライターに、古川はもう少しボーカルを安定させるべきだ、とか書かれてたのを思い出した(苦笑) 彼の入りは大道具の人たちと同じで、道具が足りないと東急ハンズに買い出しに行ったりしてて、そんなことをするならもう少しボーカルに専念していただきたいものだ、とか、そんなこと書かれてたんだけど、今回は文句ないでしょう!!!えっ?ライターさんよ!!!しかし大道具の人と同じ入りっていうのはうけた(苦笑)さすがだなあと。昔舞台作るのも大変だったろうし。(ちなみに多分まだこのレポ持ってるような気がするわ。)

あとすごくしゃべるようになったね。曲と曲の間にMCを入れてたけど。ちなみに今回のそれはASAKIちゃんの影響らしい。なんでもこないだ(ソロソログニュウの時?)ASAKIちゃんのAGE OF PUNKを初めて見て(初めてっていうのもちょっと意外だったけど)ASAKIちゃんが前の曲と次の曲がつながるようなうまいMCをしてて、こんなに弁がたつやつだったのかーと感心したらしい(笑)確かにASAKIちゃんはMCうまそうだよね。

ここで舞台裏にいるであろうJAKEのこともちらっと。JAKEさん緊張してますよ、って。昔はぜんぜん緊張してるように見えなかったんだけど、表に出さなかっただけかなって。あーどうなんだろうね。

そして、フルフルの「それではお待たせしました。JAKEさんをお呼びしたいと思います」の言葉のあとJAKE登場!!!フルフルの隣にJAKEが立ってるってだけでも感無量(号泣)あーここまでくるのに長かったなあー(涙)ほんと来てよかった!!!

久しぶりに見るJAKEはまた小汚くなったなって思ったけど(おい笑)そういうのもひっくるめてかっこいい!って思う。男臭いギター弾きっていうかそんな印象。そして、ありえない細さでびびった(爆)しかし私はガリガリに痩せてるミュージシャンが好きなのでそういうのも萌えポイントだったりする。しかし細くてちょっと心配になったかな(^^;)

フルフル「はじめてこの並びを見るという方手をあげて」 何人か手を挙げる→納得するフルフル笑 フルフル「あー。。。。。。大変お待たせしました」 笑いが起こる(笑)

フルフル「還暦までには一緒にできたらなあと思ってました。またやろうかって話になって、一緒にやれる日がきてよかった。じっくりと堪能してください。」 今回のプチ再結成はファンも嬉しかったけど、何よりフルフルがすごく嬉しかったんじゃないかなと思う。インタビューでもJAKEリスペクト発言をよくしてたし、一番売れてた時期を共にしてた人だし、グニュウやめたいって聞いた時もものすごくショックだったと思う。脱退には反対したんだよね確か。でもJAKEの気持ちが固かったから引き止められなかったとも言ってた記憶が。DADAや痛まない雲もJAKEのこと歌ってるよね(苦笑)ちなみにJAKEがやめたのは、音楽性の違いもだけど、確かグニュウやってると疲れるとか苦笑、そんな理由があったはず。もっとポップな音楽がやりたいとかね、それをグニュウでは表現できないからって。

セトリはこんな感じ。

頭上の石 It’s usual from the inside 未練は思い上がり Missing Platform Looping Story teller Moss phlox 香風積 fade story 冬のうぐいす

アンコール 不断の窓 FANCY PINK

昔のグニュウの曲はどの曲も思い入れありすぎて何を聞いても嬉しかった!It’s usualとかマジ感動!(涙)なんとなく2人でやって合うような曲を選択してるようにも思えた。例えばヨモギの心やユキドケミズやNo Manとかはやっぱツインギターがいいだろうし、生ドラムもほしいよね。

フルフル「こんな感じで始まったのが1991年。この二年後にASAKIちゃんが隣でギター弾くようになってましたね。それを最初からやり直してる感じ。」 最初からやり直してる感じっていうのがポイントだなー。ほんとそう思う。むしろその2人の頃を今演出してるような、そんな気すらしてしまう。それはそれで貴重だなあと思って今日は絶対来ておきたかったっていうのもあるんだよね。3人のライブも見たいけど、2人っていうのはほんとに最初で最後になってしまうかもしれないし、見ておきたかった。

フルフル「はじめてJAKEと作った曲です」 の言葉の後に始まったのはFrom the Inside。うわー大好きな曲!この曲のギターソロが好きすぎる!私はやっぱりJAKEのギターが好きらしい。JAKEの歌を歌うようなメロディアスなギターソロがすごく好き!この日JAKEはギター一本だけ持ってきてて、そのギターいろんな音色が出るらしい。アコギや12弦ギターとかいろいろ表現できてこれ一本でいいからからこれにしたって。そうじゃなきゃギターがもっと必要だったようで。

フルフル「15年ぶりに新曲作っちゃった」 シングルになってる曲も立て続けに3曲演奏。ただ、最初ちょっと曲順間違いそうになってテンパるフルフル(笑)昔から宣伝ベタなそうで(^^;)

途中フルフルがサングラスとる。あーやっぱすごくかわいい。サングラスはない方がいいんじゃ?

フルフル「サングラスとらないとぶつくさ言う人がいる。普通にしたら普通っていうし、変にしたら変って言うし。。。」 なんかファンの人に言われたのかな(苦笑)何をやっても文句言われるなんて(苦笑)

香風積もよかった!これ以前ヌーキキの時にやっててフルフルが歌う香風積は聞いたことあったけども。

アンコールでのMCで印象に残ったものがいくつか。

フルフル「今回作った新曲とかギターソロがあるだけポップになる、嬉しい。アルバムくらいいっきに作っちゃおうと思ったけど、JAKEさんとやりとりしてるとそうもいかなくてシングルはなんとか間に合わせました」

JAKE「我ながらいいものができたと思います。昔を意識した音作りをしてます。みなさん聞いてください」

フルフル「昔の自分のCDをコピーする感じで歌ってました。昔はここ鳴ってないなとか。昔のだめなところも多々あるけどそこわざと再現するべきかどうか悩みました。揺れ動くボーカリスト心っていうか」

JAKE「それはマニアックすぎるから、まっとうに歌いましょうよ」

フルフル「昔よりキーが出るようになったから。今は高音が出るようになった。昔の限界を思い出してのどを再現しながらいろいろこだわった部分があるんだけど、普通にうたっていいのね。みんな昔のCDを聞いてきて、脳で記憶してるからそれと同じ感じがうれしいのかなと思ってたんだけど。

JAKE「本人がいてくれればそれでいいんじゃないんですかね。」 ほんとフルフル声がすごく出るようになったと思ってたけど自分でもこんな感じで言ってて。確かにグニュウのCDの印象が強いからなあ。フルフルがそこまで再現して歌おうかと思ってたっていうのがすごくこだわりっていうか嬉しいじゃないですか。

フルフル「15、16だったらわーって前にいてもいいけど、おらーおまえら根性見せろ、みたいなライブじゃないから(笑)台がそういう台だよね、なんで一段高くなってるんだろ?って思ってたら。これ壁かなって思う。超えちゃいけない国境みたいな。天井も意外と低い。」 西九条ブランニューのステージ、ほんと前に一段高い台が置いてあるのよね。多分根性見せろ系のバンド用なんでしょうけど(笑)そんなMCのあとにラストのアンコールでFANCY PINKを台の上にあがって演奏してた。

次回はオールスタンディングでもう一人のギターの人(JAKEいわく)もいれてほんとにやってほしい!JAKEも3人でできたらいいなあと思っています。と言ってたしね。ただ何も決まってはないらしいんだけど。

今回はあくまで初期グニュウのプチ復活だと思ってて私が知ってる一番好きだった3人の頃のグニュウではないと思ってる。その頃のJAKEのギターはNHKホールのビデオやDVD見ても分かるようにもっともっと弾きまくりでヘビーだ。願わくば次はそんなJAKEが見てみたい。今のJAKEにそこまで期待するのは難しいかもしれないけども。自分であの頃のプレイは若気の至りだったとも言ってるしね。でも私にはあの頃がかっこよすぎてなかなか忘れられないのですよ(苦笑)実際あれだけ弾ける人だし。Stupid personやユキドケミズのギターソロとか生で聞いてみたいよね。

まあそんな感じでライブ終了。

フルフルとJAKEが同じステージに立ってグニュウツールの曲を演奏するのを生で見る、っていう夢が叶った一日だった。いやーバンドってたとえ解散してても、今一緒にやってなくても、将来的にまたやる可能性が十分あるっていうことを実感せずにはいられないねーほんと。

その後は出待ち。次こんな機会がいつあるか分からないし絶対待とうと思っていたんだけど、うまいことJAKEともフルフルとも話せて嬉しかった!!!特にJAKEとは一緒に写真まで撮ってもらえてもう何も思い残すことはない(笑)たとえグニュウをもう二度とやることがなかったとしてももう悔いなしだよね。そこまで思えた。

JAKEはほんと優しくて、TwitterSNSそのまんまの印象だった。15年前くらいにはブラウン管の中だけの人だったのにすごいよね。でもフルフルもフレンドリーで優しかったと思う。広島からきた、って言ったら向こうから広島のライブハウスネタをふってくれたりで、あーそうなのかーって感じ。

ほんとに行ってよかったなあと思う。