NESS デモ音源

スポンサードリンク

先日デンシコンツアー大阪の時に買ってきたNESSのデモ音源。いや、NESSというよりは、戸田さんと三浦さんの音源と言った方が正しいのかもしれない。

2曲入り。タイトルとかも特になく、01NESS、02NESSと表記されてる。盤面のデザインも戸田さんなんだよね。確か。

1曲目が戸田さんの曲、2曲目が三浦さんの曲。ツイッターでのツイートの内容やライブの様子を見ててそう考えて間違いないはず(?)それぞれの曲にお互いがどの程度関与してるのか、してないのかはよく分からないけども。

ライブでは三浦さん曲の次に戸田さん曲をやってた。

ここでは戸田さん曲に的をしぼってレビュー、というかただの感想。

というかこの戸田さん曲が最高にいい!ライブで聴いただけですでにツボにはまって帰りとか頭から離れなかったもん(笑)

ツイッターで、歌入れとギターを入れるとツイートしてたので、ライブでギター持って歌い始めた時点でこれが音源になってる曲だろうなあとは思った。

三浦さんもツイッターで、戸田曲がギターで作られてて驚いたってツイートしてたような(確認しようと思ったら消えてた。三浦さんってツイート消す派なのね(^^;))

メロディや曲の感じは電子音楽部に入ってる戸田さん曲のsssSSSSSSSSSSSSSSSSsssっぽく感じた。(余談だけどこれなんて読んだらいいかのかいまだに謎)もしかしてこれをリミックスする予定だったのかな?それが弄りすぎた結果新曲になったと。それならこの曲を彷彿させてるのも分かる気がするなあ。

sssSSSSSSSSSSSSSSSSsssよりも音がかなり肉付けされてて非常にかっこいい曲になってると思う。特筆すべきはギターの音。

戸田さんがツイートしてた普通の弦、錆びた弦、錆びきった弦の違いは私には分かりませんが(笑)ものすごくいい音してるなあと思う。こういう太くて重い感じのギター好みですな。

戸田さんといえばピコピコ系とかテクノポップとかそういう言葉で表される音楽のイメージが強かったけど、この曲はそういうのとまた一線を画してるというか。そんな引き出しもあったんですねー、みたいな。

ギターは戸田さんだけなのかな。じゃ戸田さんギターもかなりいけてるってことか!(驚)この音1人で作ってたらほんとにすごいな!って思う。

なにかに例えるとしたら・・・初期スーパーカーとか思いついた。あとは轟音ギター+甘い感じのメロディ+消え入りそうなボーカル→なのでシューゲイザーっぽくも感じる。

消え入りそうなボーカルっていうのは戸田さんの歌のイメージだよな(笑)最初新宿ゲバルト聞いた時声細いなっていうのが第一印象だったので(笑)ただ声のトーンは新宿ゲバルトとはぜんぜん違うよね。 新宿ゲバルトは高めの声で歌ってるけど、こちらは中音域?まあsssSSSSSSSSSSSSSSSSsssと同じトーンですわ。

NESSは戸田さんをボーカルにして歌ものでもいけるんじゃないの?とか思いますなあ。

しかしこないだから私戸田さんを持ち上げすぎかな(^^;)ちょっと絶賛しすぎ?(苦笑)ほんとにすごいものなのか、好きだからすごいものに見えてるだけなのか、自分でも分からないくらいにははまってるということで(終)