METAFIVE「WINTER LIVE 2016」in 広島クラブクアトロ ライブレポート

スポンサードリンク

METAFIVE「WINTER LIVE 2016」in 広島クラブクアトロ ライブレポート・・・という名の個人の感想文です。METAFIVEのツアー「WINTER LIVE 2016」広島クラブクアトロ公演に行ってきました。

ずっと見たいと思ってたMETAFIVEだけどなかなか機会がなくて・・・今回ツアーに広島が含まれていたのはラッキーだった!これは絶対行くしかない!といった感じで笑

会場の様子

今回の広島公演の会場は広島クラブクアトロ。クアトロは広島パルコの最上階にあります。

METAFIVE@広島クラブクアトロ

開場時間ちょっと前くらいに広島クラブクアトロに着くとすでに結構な人が。ファン層は男性が多いですね。このメンツだとそうなっちゃうだろうなあ。やっぱ高橋幸宏さん目当ての人が一番多かったのかな。ただ、女性もそれなりに多くて男性6:女性4くらいのイメージかな。

年齢層もなんとなく高い気がしました。まあ自分も年齢層あげてる勢なんだろうけど爆

METAFIVE@広島クラブクアトロ

ポスターとか、

METAFIVE@広島クラブクアトロ

ポスターとか。

そして開場。小山田くん側のいい位置が取れたので満足満足。

この日はチケットは当日券は出ていたものの、後方の段差がある部分が解放されていてかなりの人数入ってたっぽい。(クアトロはチケットの売れ行きで後方が解放されてない時もあるんだよね)

本編

ライブすごくよかった!イメージしてた以上だったかもしれない。ちなみに、ライブに行く前はきっと小山田くんばかり見てそうだなあと思ってたけど、全体の雰囲気自体がかっこよかったのでかなり全体を見ていたと思う。とはいえ下手側からだと特に上手はちょっと見えにかったけど苦笑

衣装

https://twitter.com/room66plus/status/803939122461085696

衣装はこんな感じの赤シャツバージョン。なんとなく黒系で出てくると思ってたけど赤もよいな。

小山田圭吾

ここからは小山田レポ笑 

ギター

METAFIVEで弾く小山田くんのギターがすごくてかなりびびったというかこちらも予想していた以上というか、CDよりも何倍も弾いてたような気がしてるし、CDに入ってない音とかフレーズとかたくさんあった気がしてる。その場でギターの音サンプリングしてシーケンスとかで音出したりとかもやってたな。

もともとギターが弾ける人っていうのは知ってたけど、コーネリアスとか特にそんなにギターがメインの音楽でもないしそういうところが伝わりにくいというか。なので、ギタリスト小山田圭吾を堪能できたんじゃないかと思ってる(ちなみに小山田くんのギターすごい!って最初に思ったのが教授のバックで弾いてた時でした。どこで見たっけなあ。うろ覚えなんだけど)

ギターの音かっこいい!っていう最初の衝動が布袋だったからか、カッティングギターとかリズム系のギターってやっぱりかっこいいなあって思うんだけど、小山田くんのギターってまさしくそれだった。けっしてヘビーなギターの音だったり早弾き系ではないのでそのあたりのギタープレイが好きな方にはものたりないとは思うけど(まあでもMETAFIVEでそんなギターは合わないからそこで期待する人もいないか笑)

ボーカル

ツイッターで小山田くんMETAFIVEでは歌ってないからなーとか言っていましたがライブでは歌っていましたね(^^;)

1曲コーラス入れてたし、1曲メインボーカルをとっていた曲もあった。あとでライブ音源チェックしたら「Turn Turn」って曲だった。(この曲高橋幸宏さんのソロっぽいなあと思ってたけど、YMOの曲という認識で良いのかな)

ちなみにこの曲が小山田くんが歌ってるとは気づかなかった!苦笑 小山田くんが幸宏さんの曲を歌うと声も幸宏さんチックになるんだな笑

余談

まあビジュアル的にはあー老けちゃったなーみたいなところは否めませんが苦笑 でも、笑った時の顔(あとで出てくる抱きタイムの時にかなり笑っていて)が昔と一緒だなって思った笑 

セトリ

セトリは調べてみたけどどこにも載ってなかったっぽいな。でも、「META」からも「METAHALF」からも満遍なくやってたと思う。

やっぱ「Don’t Move」が一番盛り上がってた気がする。METAFIVEの代表曲だよなー私が最初にYOUTUBEで見たのも「Don’t Move」だったし。この曲の「ドラムス」からの高橋幸宏さんのドラムが入るところは生で聞いてもかっこいいと思いました。

アンコールは3曲ありましたね。

高橋幸宏

このバンドの主役の高橋幸宏さん。MCも幸宏さんがほとんどしていましたね。メインボーカルだからLEOさんがやるのかと思っていたけど。

幸宏「広島は1981年ぶりかと思ってたけど、嘘です。去年来てました」

サポートで去年来ていたそうですよ笑

幸宏さんの声はかなり好きな声質です。なんかあの素朴で不安定な感じがよいんだよね笑(不安定って技術力じゃなくてイメージの話ですよ)ドラムを叩いている時はもちろん後ろの下がるけど、それ以外は前で歌っておられました。センターに4人並ぶあの感じがかっこよかった。

LEO今井

メインボーカルのLEOさん。彼に至っては、実はちょっとだけ苦手な声質だったりするんだけど(^^;)生で聴いてると歌うまいな!って思った。ギターも弾けるし、キーボードも弾いてたし、かなり音楽レベル高い印象。

砂原良徳

一番上手だったのがまりんさん。電気グルーヴの頃しか知らないんだけど、かなり可愛かった!!!電気の頃から可愛かった印象なんだけどね笑 まあ近くから見たらどうなのかは分からないけど笑 私の位置から見た限りでは可愛かったです笑 

TEI TOWA

TEI TOWA氏。名前だけはよく知ってる。でも詳しいことは知らないというね。今回は抱きタイムのプロデュースと思ってた以上に面白そうな人だなっていうイメージしかない笑

ゴンドウトモヒコ

次にこのメンバーの中で唯一知らなかったのがゴンドウさん。ゴンドウさんはMETAFIVEではトランペットとかトロンボーンとかブラスの楽器を吹いてて、ブラスの音がないところではキーボードをやっていたのかな。ユーフォニウムまで吹いてたのはびっくりしました!(ユーフォニウムなんで吹奏楽出身の人じゃないと分からないよねきっと笑)

METAFIVEはこのブラスの音がかなりアクセントになってると思う。テクノ主体の音でブラス取り入れてるようなバンドって・・・あるのかな?このブラスと小山田くんのギターが入ることで打ち込みメインなのになぜか生音のセッション感も出てたというね。

だがしかし、ゴンドウさんの印象も抱きタイムの印象が一番強かったり笑 

広島限定の抱きタイム

テイ「ゴンちゃん抱きたい人!」

客席数人←ほど手をあげる。

幸宏「あれ・・・意外と少ないな(^^;)」

確かにあんましあげてなかったかも苦笑

テイ「幸宏さん抱きたい人!」

幸宏さんの方が手をあげていた人が多かったかもしれない笑

で、ゴンちゃん抱きたい人で手をあげた人でじゃんけん。最後勝った人がステージにあがる。まりんさんが演奏してる間、女性がゴンドウさんを抱くというそんなコーナーでした。

https://twitter.com/LEOIMAI/status/803943079770079232

ちなみにこの時写真撮ってましたが、LEOさんがツイッターにあげていましたね。

この演出は広島限定なんだそうですよ。

まとめ

こんな感じでライブ終了。最後にパンフレットとスマホケースをお買い上げして帰りました。あー広島一回だけだったのが残念!またいつかMETAFIVE見れたらいいなあ。それくらいよいライブだったと思います。