濱田圭(ex.baroque,kannivalism)

スポンサードリンク

絶賛バロックカニバリズムブームなんで圭くんのソロについて語ろうか。kannivalismが活動停止してた時にリリースされたアルバム。kannivalism活動休止の穴埋め的な感じではじめたと思われる。というか実際そうらしいけど。

圭ファンの自分としてはやっぱり、ソロってどんなことやってるんだろ、とか、ライブではコーラスすらやらない圭くんが歌ってるってどうなん?とか思って、気にはなってたけど、the primary.のPVをYOUTUBEで見て、ああ、こんなもんかあ・・・と思ってしまってその時はCDを買うに至らなかった。

https://www.youtube.com/watch?v=VJ8H1AmaRZ8

まあ・・・かわいいんだけどね。いや、かわいいっす(笑)

話それるけど、YOUTUBEを漁ってたらこんなもの発見(苦笑)

https://www.youtube.com/watch?v=cjlb3DbOi_w

何やってるんだか(苦笑)

じゃ、なんで聞いたかというとことの発端は7月の半ば。ちょっと野暮用で東京に行った時夜行バスの中で一晩中baroqueやkannivalismを聞いててそのせいで聞きたくなった。ぶっちゃけ、はまったり飽きたりを繰り返してる感じでずっといたので、久しぶりに聞いたけど、なんかまたはまる時期にあたったのかも(笑)

で、購入したんだけど・・・やられた・・・想像以上にツボにはまってしまった!はっきり言ってkannivalismより好き(苦笑)なんか全編通じて後期バロックのNutty a hermit.っぽいなと思った。なんかフワフワしてて、メロディアスでキュートででもちょっと根暗な部分もあったり。avexのソロサイトではエレクトロニカロックと表現されてるけど確かにそうかもしれない。けっしてギターを全面におしてるアルバムではないけどなんとなくそれは想像ついてたし。

歌はいろんな人に違うボーカルに歌わせた方がいいって言われただけあってあんましうまいとは言えないし、いい声かと言われたらそれも怪しいけど(笑)でも自分的には許容範囲内だし、何よりギタリストのソロは自分で歌うことに意義がある!(と思うんだけどどうだろ)しかし、ライブで彼の前にマイクがない理由が分かった(苦笑)

しかしこのアルバム売れてないんだろうあ(苦笑)とりあえず現在進行形の圭ファンは買うとして、怜派のkannivalismファンやバロック時代好きだった人も一部の人は買うかもだけど・・・あとは・・・(^^;)ぜんぜんビジュアル系っぽくないから、ビジュアル系好きな人には合わないと思うしかといって、普通の音楽聴いてる人、例えばRIJやフジロックに好んで行ってるような人が聞くとも思えない。それもまたかわいそうだなあ。

が、しかし次回作のリリースが決まっているという。avexだから商売にならないものを押すこともないだろうし。だったらやっぱり売れてるのかなあ(謎)まあこれもkannivalism活動再開とともに封印されてしまうんだろう。ちょっと残念。ソロも平行してやってほしいなあなんて。

ちなみにアキラと万ちゃんが今やってるboogieman。 他にもギターが蜉蝣のユアナだったり、ドラムがメトロノームのユーイチローだったりその筋の人にはなかなかの有名人揃いだと感じるのでは。ただ、ボーカルの人は知らないんだけど。

https://www.youtube.com/watch?v=cojdq9IL8DI

でもこっちは自分には受け付けない・・・曲調がビジュアル系すぎる・・・あとボーカルの声もダメ・・・私ピエロのキリト系の声がダメなんだよなあ。後期のバロックの方向性から考えられないくらいアキラも万ちゃんもまたビジュアル系な感じになってるし。それだったらやっぱりkannivalismの方がいいなあ。