藤井麻輝(minus-)×YOW-ROWのユニット「Jugendgedenken」と「DNPA」と上田剛士

スポンサードリンク

来年あるminus(-)のツアーに参加することが決まった藤井麻輝(minus-)とYOW-ROW(GARI)のユニット「Jugendgedenken」と過去2人が組んでいたバンド「DNPA」について。

Jugendgedenkenとは

JugendgedenkenはフジマキとYOW-ROWさんのユニットということですが、それ以外は現在まったく詳細が分かりません。

分かっているのは2人のユニットであること、来年3月からあるminus(-)のツアーに参加する、ということくらいですね。

参考:minus(-)ファーストアルバム「O」、ライブBlu-ray&DVD「V」発売&全国ツアーminus(-)☓Jugendgedenken決定!

ちなみに「Jugendgedenken」は今回初めて結成されたのではなく過去イベントにも出ていたそうです。知らなかった(^^;)PLASTICZOOMS、Lillies and Remains、THE NOVEMBERSの3バンド主催のBODYというイベントに出てたみたいです。

https://twitter.com/makifujii/status/576448990037721088

3月の全国ツアーはこの時と同じようなライブになるのか、それともまったく違う感じになるのか・・・どうなんでしょうね。

期間限定になるのか本格的に活動するのかも謎だけど、もし本格的に活動するんならリリースなどもあるかもしれませんね。

DNPAとは

DNPAは2006年あたりに活動していたと記憶しています。私もうろ覚えなのでどれだけ活動してたか記憶が定かではなく・・・ライブもやったことあるはずです。

ボーカルがYOW-ROWさんで、ギターがフジマキ、そして、もう1人のギターがなんとTORUxxx!MADファンにはおなじみの石垣脱退後長い間サポートを勤めていたギタリストです。ベースはWRENCHの松田さん!

当時このメンツ見て、フジマキなんとなくMADを意識しているのかなと思ってしまいました笑 だってギターがTORUxxxだし、ベースが松田さんだし。WRENCHはMADとも対バンしてるし剛士とも交流あったし。

ただフジマキはインタビューでポストSCHAFT的なバンドにしたくて作ったバンドとしてDNPAの名前を出していましたね。

でも、きっかけはピエロのキリトのサポートですよね。フジマキ、TORUxxx、松田さんは3人とも一時期キリトのサポートをやっていたので、その流れでバンドを組むことになったのかなあと思っています。

Jugendgedenkenと上田剛士

なんでも上田剛士に結びつけてしまう私ですが苦笑 またまたこんな妄想をしています。

Jugendgedenkenに剛士が参加しないかなー?ってね笑 考えすぎなのは分かっていますがいちお思い当たる節を語ってみると(一部ツイッターでツイートしたこととかぶります)

その1、SCHAFTでベーシストとして参加しているので、今回もフジマキが招集をかけることは十分考えられる。

その2、剛士のフジマキへのリプライを見て。

https://twitter.com/_aaequal/status/793721602928107520

フジマキの機材に対していいね!と言ってるリプライなんだけど、もしかしてレコーディング参加するの?したの?みたいな笑

まあただこのフジマキのレコーディングツイートはJugendgedenkenじゃなくてminus(-)だとは思いますけどね。しかしタイミングが苦笑

その3、AA=の来年のスケジュールがまだ何も発表されていない。

実はSCHAFTが活動再開すると知った時も剛士に参加してほしいと思ってた私は妄想を膨らませていました苦笑 その時も来年のAA=のスケジュールが何も発表されていない状態だったので期待していたわけです。今回もAA=の来年の活動状況は何も発表になってません。3月にAA=のツアーでもあればないなって思うんだけど・・・

そんなこんなで剛士がJugendgedenken参加して、minus(-)のツアーに帯同しないかなあとひそかに期待しています。もちろん可能性は薄いかもですが。

なぜ私がこんなに期待しているかというと単純にAA=だけにこだわらずいろんな人とバンドやユニットをやったりしている剛士のいろんな面が見たいからです。

AA=ファンの中にはAA=の活動に専念してほしいと思う方もいると思うけど、そこはやはり私がソフトバレエが好きだからっていうのが大きいのかな。まあいろいろ思うところもあるけど、フジマキとやるなら私的には申し分ないです笑 多分自分の興味がないミュージシャンとだったらここまで一緒にやってほしいとは思わないと思うのでね。

SCHAFT2016の再来といった感じで剛士のまた違った一面やAA=では再現できないパフォーマンスなりビジュアルなりが見たいと思っているので期待しています。

まあ・・・でも妄想で終わるかな(^^;)とりあえずあまり期待しないでおこうと思います苦笑

しかし、剛士がminus(-)のほんとにこのツアーに参加することになったら、それなら行く!っていう人も増えますね笑 私も今のところ一箇所だけ行くつもりだけど、剛士参加するなら遠征する箇所が増えそうです笑