フールズメイト9月号 石井秀仁(cali≠gari)パーソナルインタビュー

スポンサードリンク

今月号のフールズメイト。 石井秀仁が載ってると聞き、買おうか立ち読みですませようか迷ってたら、ページ数も多かったし、読み応えありそうな内容だったので買いました。

石井のインタビューはそこそこ見てきたつもりだったけど、知らないことたくさんあった。そうなの?って思ったところをいくつか抜粋。

■石井がBOOWY聞いてたのは有名な話だけど、この人は小学校の頃から聞いてたのかf^_^;) 大体BOOWYって30代後半から40代以上でリアルタイムだと思うけど、リアルタイムで聞いてたんだろうなあ。私もBOOWY好きですが、もちろん後追いだし。よく考えたらBOOWYのメンツと群馬で同郷ですな!さらにじゃあBUCKーTICKも同郷になるのかあ。

■SAKURANをやっての、あれ16、7歳くらいだったのね。あれがはじめて組んだバンドなんだったらほんと飛び級だよなあ。そしてカリガリと対バンしたことがあったとはびっくり!

■フロート時代に青さんが楽屋にこないで差し入れだけいれてくれてたっていうのはうけた。もうこの時点で青さんは石井をいいボーカルだなーって思ってたのかなあ。さすがに禿児さんがやめるのを想定してたわけじゃないだろうけど。

■フロートやめたあとノイズミュージック的なことを一人でやってライブにも出てたらしく、これ気になるなあ。ヒゲで短髪って!ぜんぜん想像つかない!!!この時のライブ見てみたいなあ。映像とか残ってないのかしら。

■私も大好きな千葉市のことが書いてあって嬉しい。千葉市の読み方が千葉市シティだっていうのは人から聞いてて知ってたけど、ニューロマンサーの舞台となってる地名だったとは。ってニューロマンサー名前くらいしか知らないけど苦笑 思えばgoatbedにもニューロマンサーって曲ありますね。なんかこれらに石井は影響うけてるんだろうか。こんなにかっこいいのにギャグだなんて!!!なんてことを!!!(笑)サイバーパンクをやらずマイブラのオマージュバンドやってるってことをギャグって言いたいのかな。

他にも興味深いことたくさん語ってた。うーんやっぱりおもしろい人だわ。

って書いてるとキリがないのでこれくらいにしておこう。まだ読んでない方は絶対読むべし!今日石井さんにはまりました!って方もこれ読んだら石井のことがよくわかると思います。