COMPLEX 「日本一心」@東京ドーム ライブレポとか感想とか

スポンサードリンク

昨日のライブphoto #complex #コンプレックス #日本一心 #布袋寅泰 COMPLEXの21年ぶりの復活チャリティーライブ「日本一心」@東京ドーム行ってきました。すごいよいライブだったと思う。これを逃すと二度と見れないと思ってたからライブがあると知った瞬間に行くのを決意したけどほんとに行ってよかったなあと思う。

30日と31日と2日間あったわけだけど私は31日のみ行きました。土曜も仕事が休めたら2日行きたかったけどなあー。

開演の1時間前くらいに会場に入った。私の席はアリーナC。全体から見たらそこそこいい席なのかもしれないけどやっぱり遠かったなー。会場をぐるっと見渡すと開演10分前くらいにはほぼ満席だったように思えた。チケット争奪戦になってたような気がしてたのに当日券があるなんて・・・と思ったけどこれはチケット完売したって言ってもいいんじゃないかな。

ほぼ定刻どおりにライブスタート。開演が5時だったせいか外の光も入ってきて真っ暗にならないのね(^^;)昔のCOMPLEXのライブでも使われてたSEをバックにステージサイドの大画面に現役の頃のCOMPLEXのライブ映像が流れる。その時点ですでにすごい盛り上がり(笑)

そして、1曲目はBE MY BABY。あの一度聞いたら耳から離れないイントロの「ビーマイベイベビーマイベイベ・・・」が流れるのと同時にステージ右サイドに吉川、ステージ左サイドに布袋が映る。階段をのぼってステージにあがってきて2人が握手。久しぶりの再開、といった演出に感動しました。ただ、私の前の人が背が高かったため肉眼でちょっと見えにくかったのが残念(苦笑)まあ途中頭ずらしたりして見える位置見つけられたのでよかったけど。

1曲目BE MY BABYだったわけだけど、1曲目何かなーと妄想した時、やっぱりBE MY BABYだと思ってた。COMPLEXといえばBE MY BABYだし。布袋のライブではBE MY BABYを何度か聞いてきたけど、吉川が歌って布袋がギターを弾くBE MY BABYが見れるなんてすごいことだよね!!!アレンジもCOMPLEXの当時を再現されてたしね。

BOOWYもCOMPLEXもリアルタイムじゃないし、町田康氏やCHARさんと一緒に出てたイベントにも行ってないので、布袋がメインボーカルをとらず、こういうバンド形態でギタリストに専念してる姿をはじめてみた。私がはじめて見て、ギター弾いてる人にたいして、かっこいい!という感情を覚えて、衝撃を受けたのはBOOWYでギターを弾いてる布袋のライブ映像を見てからなので、やっぱりこの人はギタリストなんだなーって思った。

後追いとはいえギタリズムⅢくらいまでの布袋が好きな私には、近年の布袋は正直かっこいいと思えないところも多々あったんだけど、この日はかっこよかった!久々にかっこいいと思えたかも(笑)そりゃやっぱり年もとってるし、昔のBOOWYやCOMPLEXの時の布袋を生で見れてたら、そりゃそっちの方がもっと感動できてたんでしょうけどね。そういうの差し引いてもこの日の布袋はかっこよかったと思う。

とりあえず今回ギターソロで一番かっこいいと思ったのがCRASH COMPLEXIONだった。そしてギターリフでいえば2人のANOTHER TWILIGHTとCan’t stop the silenceの冒頭のギターリフが死ぬほど好きだったんだけど、生で聞けて胸熱。COMPLEXの弾いてるリフってBOOWYの曲ほど有名じゃないのかもしれないけど、この2曲Bad feelingにも匹敵する名リフじゃないかな?そう思うのは私だけか。そしてメロディは痛くて切ない。すばらしいね。NO MORE RISEとかもどちらかといえば単純なリフなんだろうけど、なんでこんなにかっこいいんでしょ。かっこいいというか・・・せつないね。

そして布袋はコーラスも昔からよく入れてたと思うけど、LOVE CHARADEのラストの布袋ボーカルがこれまたすごい好きだったので聞けて嬉しかった。しかもアルバムバージョンじゃなくてライブバージョンのが好きなんだよな。ライブバージョンと一緒だったし。

で、吉川晃司。初めて見た生吉川。COMPLEXを知った当時吉川もテレビによく出てたから割と目にする機会も多かったけどそこまではまらなかったのよね。でも歌ものすごいうまいな!びっくりした!CDと一緒。しかも昔と同じで衰えてないし。氷室とか、サマソニで見たB'zの稲葉さんとかもCDと一緒っていう印象うけたけどあれと似た感覚かなあ。ボーカルスタイルを確立してると思った。声も個性的だしね。

MCではまず吉川が「COMPLEXです。集まってくれてありがとう。俺たちは同じ志をもった同志になりました。」こんなことを言ってた気がする。そして、30日の方では「オンボーカル、吉川晃司」としかしゃべらなかったらしい布袋のMCもあった。「ハロー東京!COMPLEXは俺たちのためじゃない、目的は1つ、こんな機会を俺たちに与えてくれてありがとう」こんなことを言ってたかな。

中判DRAGON CRIMEで、一度吉川、布袋がステージからはけて、サポートメンバーのみのインストが披露される。スティーブがものすごくマジメに演奏してたように思えた(笑)スティーブといえばワンダラーズの印象がとても強いのでおもしろいイメージなんだけどな。

そして後半戦、ROMANTICA、からの、PROPAGANDA。PROPAGANDAからアンコールのRAMBLING MANまでの盛り上がりと一体感はハンパなかった。東京ドームだからこその5万人の人との一体感はライブハウスじゃ味わえないと思う。

個人的にこの日一番感動したのが恋を止めないでのサビと1990のラスト。恋を止めないでってそんなに泣く曲じゃないのになあー。なぜ泣けるんでしょ。1990の最後のキーボードの部分。みんなで手を振って大合唱になって。ほんとに目頭熱くなりました。あと、手でハートマークを作ってる人がいて、後ろから見てると、ステージの光と重なって痛く感動した。昔から、そして今回も使われてるCOMPLEXのハートマーク。日本一心の心も表してるような気がして。

アンコールではウェーブも起こった。ウェーブあるとスタジアムでのライブ!って感じするよなあー。でもmixiのCOMPLEXコミュにこのウェーブが津波を連想させるっていってた人がいるみたいに書いてあってショック・・・考えすぎではないでしょうか。えらそうなこと言えないけど・・・

アンコール。この日のラスト曲、AFTER THE RAINではもうこれで二度と見れないんだなー、最初で最後だったんだなーって思うと、妙に悲しくせつない気持ちになってしまった・・・復活ライブでもあると同時に解散ライブでもあるんだよね。もう二度とやらないと告知してるわけじゃないけど、そう考えるのが普通でしょう。正直行く前は1回は見ておきたい、1回見れたら満足するだろうと思ってたから、ここまで寂しい気持ちになると思わなかった。

ツイッターでドームの外に出たらほんとに雨上がりの光景が広がってて感動した、ってツイートしてる人がいて(確か布袋がRTしてた)あとで見てほんとそうだったなーって思った。

雨上がりの街が やがておとずれて すべての想いを 輝かせてゆくさ

って歌詞。被災地に向けたメッセージもこめられてたのかもしれないね。そう考えるとまたジーンとしてくるなあ・・・なんとなく吉川も泣いてたような気がしたんだけど気のせいかな?画面で見ると泣いてるように見えました。

ラストのカーテンコール。みんな手をつないでお辞儀するとき。吉川が自分の股の間にマイクを挟んでうけた(苦笑)いや手をつなぐのにマイクが邪魔になるのは分かりますよ(笑)でもなあ(^^;)そしたら今度は布袋がそのマイクを股からとって床に置いて(笑)なんかほほえましいというか最後の最後で笑わせてくれたわ(苦笑)

最後はサポートメンバーは下がって吉川と布袋だけになり、抱き合って、それから万歳。そしてステージから去っていった。COMPLEX現役の頃最後の方は仲が悪かったって言われてた2人だし、ほんとにそうだったんだろうけど、これ見るともう仲直りしたって言っていいのかな。うんそういうことにしておこう。

会場にいた多くの人、昔COMPLEXのライブに行ったことある人もいたかもしれないけど、半分以上の人がCOMPLEXを生で見るの初めてだったんじゃないかな。BOOWYや布袋を支持してる人の年齢層からいっても、中学、高校時代に出会って好きになったけど当時はライブに行けなかった人、リアルタイムではなく後追いだけど好きになった人、こういう人の方が多かったんじゃないかと思う。多くの人が満足できたライブだったんじゃないかな。

※ナタリーから転載。

  1. BE MY BABY
  2. PRETTY DOLL
  3. CRASH COMPLEXION
  4. NO MORE LIES
  5. 路地裏のVENUS
  6. LOVE CHARADE
  7. 2人のAnother Twilight
  8. MODERN VISION
  9. そんな君はほしくない
  10. BLUE
  11. Can’t Stop The Silence
  12. CRY FOR LOVE
  13. DRAGON CRIME〜ROMANTICA
  14. PROPAGANDA
  15. IMAGINE HEROES
  16. GOOD SAVAGE
  17. 恋をとめないで
  18. MAJESTIC BABY

<アンコール> 19. 1990 20. RAMBLING MAN

<ダブルアンコール> 21. AFTER THE RAIN