「凛然アイデンティティ」「teeny-tiny star」「モノドラマ」/baroque

スポンサードリンク

baroque シングル バロックの復活後初のシングル。「凛然アイデンティティ」「teeny-tiny star」「モノドラマ」の3枚同時リリース。タワレコから届きました。

baroque 特典ポストカード こんなポストカードまでついてた。

今回3枚同時購入者に7月の赤レンガ倉庫でのフリーライブのDVDがついている、ということで私もすべて購入。DVDの内容はまた別記事で書くとしてここでは曲の簡単な感想とか。

凛然アイデンティティ

凛然アイデンティティ。同時リリースの3曲の中では一番好き。3曲の中で一番バロックっぽいと思った。唯一後期バロックを受け継いでる曲だとも思うし。曲調から言って、kannivalismっぽくもあって、kannivalismでリリースされててもおかしくないね。そんな感じの曲なので、作曲はもちろん圭くん。クレジット見なくても圭くんって分かる曲だね(笑)

teeny-tiny star

teeny-tiny star。これも圭曲。なんだかかわいらしい曲だなあという印象。怜くんの歌い方もソフトで、ギターの音もおとなしめで機械的な音も入ってないから、ちょっと物足りなく感じた。

モノドラマ

モノドラマ。こちらは晃曲。タイトルが初期バロックを彷彿させるような感じだなと思ったけど、曲は割とシンプル。バロックにおけるアキラくんの曲って重要だなと思うけど、この曲はちょっとピンとこなかったかな(^^;)