baroque再燃(?)

スポンサードリンク

バロック

私が過去好きだったバンドの1つにバロックってバンドがいるんだけど、いまさらながら再燃してます。2002年から2003年くらいの間。ちょうどインディーズ後期、メジャーいったくらいの間かなあ。メジャー行ってシングル3枚目くらいで離れてしまった。そして、去年すでに解散してます。

バロックをご存知ない方のためにメンバー紹介とか。

ボーカル:怜

ギター:圭

ギター:晃

ベース:万作

ドラムはいません。画像ではいるけど。ナルもやめちゃったし、裕二もなあ。あれは不幸だったよなあ。



ちなみに私圭くんファンでした。まあ今も別に好きだけど。当時17歳くらいだったっけ。これ知った時かなり驚愕だった。当時お気に入りだった某JグループのN君よりも若いなんて!って感じで(爆)そんな彼ももう21歳・・・つうかまだ21なんか。今も若いや。



と、話それたけど、じゃあ、なぜ今バロックなのかというと、引っ越す前のはてなダイアリーとか、サイトの日記でも名前出してるけど、フロントマンとも言えるボーカルの怜くんとギターの圭くんの二人がkannivalismというバンドで活動再開し始めたのがそもそものきっかけかな。活動再開というか、再結成といった方がいいかもだけど(笑)



sug lifesug life



そしてこないだレンタル屋で最後のアルバム、SUG LIFEを見つけて聞いたのが極めつけ(笑)一度はまって、離れてた分なんとなく冷静に聞けたというかなんというか。さほど期待もせず、あーバロックじゃん、借りてみよーくらいの軽い気持ちで聞いたんだけど。



まあね、すごい!カリスマ!っていうとこまではいかないけど、なんか何度も繰返し聞きたい感じ。あー、これ好きだわー!ってね(笑)



それにしても音楽性がここまで変わってるとは。東京ストリッパーと聴き比べたら同じバンドだと思えないぜ。



ラップやヒップホップの要素なんかも取り入れてて、さながらド××ンア×シュかケ×××シといった感じ。これ系の音楽好きな人は見た目の偏見抜きにして聞いてみるといいんじゃないかなあ。つうかお勧めします(笑)



それにしても、冒頭のStyle→ガリロン→歪への流れが最高。Styleは晃作曲のようで、やっぱ彼いい曲書くなあと思う。ガリロンは圭くん作曲みたいだけど、この系統の圭曲の中では一番好きかも。そして怜くんのボーカル力が格段あがってるのがいいね。ティッタカティッタカとか、ヴォーイ!ってオエオエシャウトしてた頃の彼の面影はまったくありません(笑)もう少し声に厚みがあったらもっとかっこいいかなーって思うけど、十分よい声だと思います。



なんかこれ聞いて解散ちょっともったいなかったかなあと思ってしまった。まあ怜圭にはカニバリズムでがんばっていただくということで(笑)



再燃と言っても自分もだいぶ音楽の趣味変わってきてるし、一線に戻ることはないけど、遠巻きに応援してたいかなーと思う(笑)といいつつ、早くdvd来ないかなー(爆)